iDeCoニュース

日興アセット、DC専用ファンド相次ぎコスト引き下げ―バランス型など最安に並ぶ

2020/02/12 20:31

200400.jpg

 日興アセットマネジメントが確定拠出年金専用ファンドのコスト引き下げを相次ぎ行っている。1月22日に海外株式・債券のヘッジ有り・無し4ファンドの信託報酬引き下げを実施したのに続き、2月7日にはバランス型4本と国内株式・債券2ファンドの計6ファンドの引き下げを行った。

 今回コスト引き下げを発表したのは「DCインデックスバランス」シリーズで株式比率が異なる(株式20)(株式40)(株式60)(株式80)の4ファンドと、「インデックスファンド日本株式(DC専用)」「インデックスファンド日本債券(DC専用)」の2ファンド。「DCインデックスバランス」シリーズ4ファンドの信託報酬等(税込)は、引き下げ前は(株式80)が0.220%、(株式20)が0.187%などファンドによってまちまちであったが、一律で0.154%へ引き下げた。確定拠出年金専用ファンド、それ以外の一般的な投信でバランス型のコスト最安は現状0.154%となっており、今回の引き下げで同シリーズも最安水準に並んだ。

 パッシブファンドでTOPIXへの連動を目指す「インデックスファンド日本株式(DC専用)」は信託報酬等(税込)を0.275%から0.154%へ引き下げたが、こちらもETF(上場投資信託)を除く国内株式型の既存ファンドのコスト最安水準に並ぶこととなる。

 また、同じくパッシブファンドでNOMURA-BPI総合への連動を目指す「インデックスファンド日本債券(DC専用)」は0.253%から0.132%へ引き下げた。ETFを除く国内債券型の既存ファンドの中では0.110%が最安であり、同水準には及ばないものの、高いコスト競争力を有する。


    
    

バックナンバー

  1. 先進国株式に月間500億円を超える過去最大の資金流入、国内債券から資金流出継続=DC専用ファンド(2024年2月) ( 2024/3/08 17:12)
  2. 純資産総額が12兆円の大台越え、先進国株式インデックスファンドへの旺盛な資金流入が続く=DC専用ファンド(2024年1月) ( 2024/2/07 17:39)
  3. 先進国株式ファンドへの資金流入が継続、1年リターン32%超のインデックスファンドがけん引=DC専用ファンド(2023年12月) ( 2024/1/11 15:33)
  4. 純資産総額は3カ月ぶりに過去最高を更新、日本株ファンドからは資金流出=DC専用ファンド(2023年11月) ( 2023/12/12 16:18)
  5. トータルリターンは日本バリュー株ファンドが年25%超でトップ10の6割占める=DC専用ファンド(2023年10月) ( 2023/11/08 14:06)
  6. トータルリターンのトップ10は日本株アクティブファンドが席巻=DC専用ファンド(2023年9月) ( 2023/10/06 16:42)